園の紹介

ハイビスカス

ハイビスカスは原種、ハワイアンタイプ、コーラルタイプ、オールドタイプ、ヨーロピアンタイプなどの種類に分かれます。沖縄でよく見られる赤いハイビスカス(あかばなー)やフウリンブッソウゲは原種になります。
屋嘉ファームではこれらの花々を近くで見て廻ることができます。

豪華で色あざやかな種類が多いハワイアンタイプ
大きいもので直径約30センチほどにもなります

ハイビスカスは咲き始めてから花びらが生長していきます
その変化を観察していくのもおもむきがあります

八重咲きのハイビスカスはとてもゴージャスです
薔薇にも負けないくらいの華やかさがあります

沖縄で古くから愛されているフウリンブッソウゲ
その形からちょうちん花とも呼ばれます

 

ハイビスカスは夏の花というイメージが強いものの、多くの品種が10月~6月頃の涼しい時期に花の見ごろを迎えます。

Page Top