園の紹介

熱帯果樹・クロトン

ハイビスカス園をご鑑賞後に散策してもらいたいのが、「熱帯果樹園・クロトン園」です。
クロトン140種類以上、熱帯果樹60種類以上を楽しむことができます。
麓には金武湾が広がり、山手に目線を移せば、屋嘉岳を借景にした景色を見ながらの散策はきっと心がなごみます・・・(^‐^)

初夏ににかけてスターフルーツ・パパイヤ・パンノキなど多くの熱帯果樹が実をつけます。
園内で実った果実は、パーラーにて試食もできます。

スイカほどもある大きな球形の実をつける「フクベノキ」や小さいブドウのような実をつける「ジャボチカバ」など。
沖縄の風土に適した植物を多く展示しております。

羊の角のようにくるんとカールした形のものや、赤・黄・緑とあざやかな色を楽しませてくれるクロトン。
秋にはその色もより華やかに色づき、沖縄にいながらまるで紅葉の景観を感じさせてくれます。

民家の生垣等、いろんな場所で見かけるクロトン。
古くから沖縄では、台所に祀られる「火の神(ヒヌカン)」という神棚や仏壇などにもよく供えられます。

Page Top